クレジットカードで税金支払いする方法

クレジットカードはショッピングの支払い時などに現金を取りだす必要なく支払いが出来るので1枚あると大変便利なカードです。

そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。

カードを使用してこれらの料金を支払うと知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでポイントの為に支払いをクレジット指定にする人もいます。

しかしながら、クレジット指定にすると口座振替の時とは違って月額の割引対象から外れる場合があります。

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われており国際ブランドと提携しているものが大半です。

VISAやMasterCard、JCBが一般的ですがこれさえあれば、海外旅行も安心してエンジョイすることができます。

三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。

MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く特にヨーロッパ圏で強いカードと言われています。

国内の飲食店などでは特に威力を発揮するJCBですが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

ブラックなどのグレードが高いカードでなくても国内や海外で適用される旅行保険保険がついているものが多くあります。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していて年会費が高いほど補償額が大きいようで心強いですね。

保険の限度額は海外旅行の方が国内よりも高いのが通例ですが、この事は海外の方が医療費が高いのが原因で、アメリカでは、骨折で入院、レントゲン、手術で100万円もかかるという話があるくらいです。

ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。

規定された条件が自動付帯か利用付帯かよって異なりますが使わなくても適用されるのが自動付帯、使わなければ適用されないのが利用付帯です。

1枚あると便利なクレジットカードの審査は色々なローンに関する審査に比べると短時間で済むケースが多くほとんどのクレジットカード会社がネットから24時間365日申し込みが出来ます。

過去にローンに関する問題が無ければそんなに難しい申し込みではなく、比較的簡単な方法で短い審査時間で終わる場合が多く審査に通ると約1週間前後で本人宛のカードが郵送されます。

商品を購入する時にあると便利な物がクレジットカードです。

カードで会計を済ませれば現金を取りだす必要はありません。

色々な会社がクレジットカードを出していますが多くの場合、カードを使えば使うほどポイントがどんどん加算されます。

ポイントの使い道は色々ありますがカード請求の時に貯まったポイントをあてたりいっぱい貯めて豪華賞品と交換すると言った事も出来ます。

クレジットカードは、現金不要で会計ができるだけでなくその他にもメリットが色々あります。

イオンやOMCなどの流通系のものは毎月、「感謝デー」と称して系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスがあります。

VISA、MasterCardなどの国際ブランドでは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。

レクリエーション面で発行元が運営している特典は、国内外の各種ツアーや介護付きツアーを割引料金で利用することがあります。

片や、美容や医療面に力をいれているカードもありマッサージやリラクゼーション施設の利用サービスを用意しているものもあります。

映画もキャッシュレスで見られるので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

利用額の何パーセントかのポイントが付いたりマイルが貯まるブランドもあります。

レジで店員さんに渡して支払処理をしてもらう簡単な使い方なのですが、本人名義の物でなければいけません。

支払で立て替えてもらった代金は入会契約時に指定した銀行口座から自動で引き落とされます。

支払回数は購入時に指定することもできますが、買い物後でも変更ができます。

クレジットカードはネットオークションの際にお金を使って支払う必要がなくなります。

盤面に埋め込まれたICチップやバーコードで運営会社を始め提携ブランドや所有者を確認する仕組みになっています。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが支払回数2回までは金利手数料がかからないことはあまり知られていません。

ユーザーの利用で売り上げが無いときはどこから利益がでているのか不思議ですね。

実は加盟店は利用代金の数パーセントを手数料として納める規約になっているのでビジネスとして立派に成立しているのです。

クレジットカードはキャッシュレスで支払ができるので手軽に精算ができるため、レジで手間取ることがなくなります。

手数料が運営会社の大きな収入源なのですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。

店舗側が支払う加盟料は営業内容によって異なり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.5%に設定されています。

客側にも支払が発生するのは3回以上の分割払いからで金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。

運営会社は1回や2回の支払回数については利用者への料金を発生させていないのでお店が加算してきた場合は規約違反なので支払う必要はありません。

現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて我々の生活に浸透しているセブンイレブンのナナコもそれにあたります。

オートチャージ機能があれば自動で入金してくれてその範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。

支払の際に財布を開ける必要が無いのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。

1ヶ月分がまとめて請求されるキャッシュ要らずのカードは累積金額が不安になりますが入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。

又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんから専業主婦でも利用できるので便利ですね。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っていると万が一の時に安心です。

これは買い物の支払い時に利用できる他キャッシング機能も付帯しているので現金が必要な時にも素早く対応できます。

これを発行する方法は数多くありますが、一般的な発行方法はインターネットから申し込みをする方法です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

ネットを介さない方法は申し込み会社からの書類に必要事項を記入し再郵送する手段もあります。

現金がなくてもショッピングができるもの、その支払いの仕方には一括払いの他にも、支払方法に選択肢があります。

リボ払いは分割とは別の支払い方法で残高に応じて決められた金額を月々その会社へ支払います。

支払い額が一定にできるので家計の管理がしやすくなるのが特徴です。

ですが、この方法選ぶと手数料もかかりますから毎回選択する事はオススメではありません。

返済は計画を立てて行いましょう。

小銭しかない時に役立つクレジットカードは沢山のカード会社があるのでどこのカード会社で申し込みすれば良いか迷うという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。

カードの年会費を支払いたくない場合は年会費は0円!というクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は返済時の金利が低いカードが良いでしょう。

不正利用されたクレジットカードの損害を保障する制度がありスリや窃盗で習得した第三者が悪用することによって名義人が受けた損害は発行会社が負担してくれます。

紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して発行元にも連絡をして指示に従います。

他人に使用された痕跡がある場合、届け出が受理された60日前までさかのぼって対応してくれますが名義人の故意が発覚した場合は、適用されません。

インターネットでの決済の場合は番号、有効期限、名前を入力するだけでよく他のセキュリティはありませんから簡単に悪用されてしまいますので注意してください。

パソコンやスマホのネットセキュリティを強化しておきWEB明細にして頻繁に確認していれば、すぐに見つけることができます。

手持ちの現金が少ないときに財布に現金が無くても買い物できる1枚があれば心強いです。

買い物に行った際の支払時に手持ちが足りないこともあると思います。

その様な時、これを使って支払いをすれば欲しい物を戻すことなく購入することが出来ます。

並びに、これは支払だけでなく世界中でキャッシングできる機能が付帯しているので緊急に現金が必要な時はこれを利用してコンビニや銀行のATMより必要な分を引き出すことが出来ます。

引用:クレジットカードでの税金のお得な支払い方法とは?納税でポイントゲット